鉄道ジャーナリスト blackcatの鉄道技術昔話

blackcatk.exblog.jp
ブログトップ

タグ:ジョイフルトレイン ( 1 ) タグの人気記事


2018年 05月 22日

気動車発達史 27 ジョイフルトレインの誕生

ジョイフルトレイン、覚えていますか?
ルーツは東京南鉄道管理局が製作した欧風列車「サロンエクスプレス東京」からと言われています。
大鉄局も一ヶ月遅れで、「サロンカーなにわ」を登場させるなど各管理局では、新しい団体旅行のスタイルとして、客車を改造したこうした車両をお座敷客車に代えて、若年層向けの車両の開発が行われていました。
並行して老朽化したお座敷客車も12系客車を改造されスロ81系は淘汰されていきました。
さて、今回はジョイフルトレインでも気動車のお話ですので、そこに絞ってお話をしたいと思います。
なお、これ以外にも国鉄時代に、「フラノエクスプレス」及び、「トマムサホロエクスプレス」もありましたが省略させていただきました。
又機会があれば、詳細調査してアップさせていただきます。
a0091267_20042646.jpg
アルファコンチネンタルエクスプレス

アルコンが気動車初のジョイフルトレインと言えますが
気動車のジョイフルトレインとしては、北海道総局が開発したアルファコンチネンタルエクスプレス(以下アルコンと略す)に注目が行ってしまいます、しかし、ジョイフルトレインという定義が曖昧なため、敢えて、「団体利用などを目的として、一般の車両より優れた設備を持たせた気動車」という定義をさせていただくと、実は九州総局が改造した「らくだ号」が昭和58年11月に改造されており、これがジョイフルトレインの最初と言えそうです。

らくだ号とは?
座席を廃車が進んでいた481系電車の普通車クロスシートに交換して、カラオケ装置を設置したもので、国鉄が販売していた「トクトクきっぷ」のイメージキャラクターからの流用したものでした。
アルコンは、国鉄総局と、石勝高原のホテルによるタイアップにより誕生したのですが、この車両については次回改めて車両面から検討したいと思います。
エレガンスアッキー誕生
a0091267_20042520.png
画像 wikipedia

a0091267_20035567.jpg
アッキーのロゴ

同様に、昭和59年には、アルコンが、誕生したことで気動車による座席車を主体としたジョイフルトレインを誕生させようという機運が生まれ、本州では秋田局で、本格的な改造気動車が誕生します。それ以前にも、秋田局では気動車を改造したお座敷車両「おばこ」が製作されており、番号もこの車両の追番となっていました。
種車では運転台後部の乗降ドアを埋めた程度でしたが、塗装の変更で大きく印象は変更されました。
その後は、昭和60年から61年にかけて、全国で急行用気動車の改造による列車が多数誕生しました。
国鉄時代に誕生したジョイフルトレイン【気動車】
主なものを拾ってみますと、
  • 「サロンエクスプレスアルカディア」 
a0091267_20042554.jpg
画像 Wikipedia
アルコンのデザインを流用した、新潟局が保有していました、JR発足直後の昭和63年3月に先頭車キロ59-508がエンジンの過熱から火災事故を起こして焼失、JR東日本でエンジン換装切っ掛けとなる事故でした。中学か小学生の旅行団体乗車中でしたが、幸い死傷者はありませんでした。
この事故で、残り2両も運用停止となり、その後先頭車を追加改造して、Kenjiとして復活しました。

  • 「ユートピア和倉」 
    a0091267_20042655.jpg

    画像 Wikipedia

    同じくアルコンのデザインを流用して、和倉温泉までの乗り入れようにキハ65を種車として改造された車両で、485系雷鳥の後部に連結されて運転されるユニークなもので、全車両グリーン車の扱も異色でした。
    電車に牽引される方式は、その後JR西日本でよく行われ、非電化時代のエーデル丹後などにも使われました。
  • 「ふれあいSUN-IN」米子局の和洋折衷の車両
    a0091267_20042610.jpg

    画像 Wikipedia


他にも、広島局ではキハ58を改造した、ふれあいパル【こちらはお座敷車両】、同じくといえましょう、その後JR発足直後は、国鉄時代の流れを汲んで同様のジョイフルトレインと呼ばれる車両が多数誕生しましたが、その多くは引退してしまいました。
なお、国鉄時代並びにJR発足直後は結構設計図の流用は会社間でも行われていたようで、スーパーエクスプレスレインボーの後部窓ガラスの下を詰めたものが、広島支社のフェスタの正面窓として設計されたのも結構有名な話ですよね。

現在のジョイフルトレインと言える、車両については割愛させていただきました。

続く

********************************************************
取材・記事の執筆等、お問い合わせはお気軽に
blackcat.kat@gmail.comにメール
またはメッセージ、コメントにて
お待ちしております。

国鉄があった時代 JNR-era
********************************************************




[PR]

by blackcat_kat | 2018-05-22 20:20 | 気動車