鉄道ジャーナリスト blackcatの鉄道技術昔話

blackcatk.exblog.jp
ブログトップ
2017年 10月 31日

EF66形機関車について 第7話

国鉄分割民営化と EF66

分割民営化で、国鉄は旅客会社と貨物会社を分離されました。
旅客会社は6社に分割することで地域性を持たせた反面、貨物会社は全国一律の組織として運用されることとなり、機関車の運用も大幅に変更されることとなりました。

昭和61年(1986年)11月1日付で、将来の旅客会社と貨物会社に分離のための措置が講じられ、EF66の一部(EF66 17~20・28・30~39・901)が下関から吹田に移管されました。
なお、下関に残った EF66形2次型の40~55号機は、引続き下関配置となり JR 西日本に継承されました。
これは、2次車が編成増圧装置付きの機関車であったことも一因だと思われます。

JR 発足後は、JR西日本広島支社下関運転所の配置とされ、(平成7年10月1日の組織改正で、下関鉄道部下関車両管理室)ました。

JR 西日本による改造

ブルートレインの魅力を高めるために、JR西日本では、平成元年に下関止まりの特急「あさかぜ3号・2号に12系改造の ロビーカー(スハ25)を連結しました、この車両は、カニ25以来のパンタグラフを持つ客車で、サービス電源を確保するためSIV(サイリスタインバータ)が床下に装備された車両で、電源車の連結を不要にしたうえで、ロビーカーとシャワー室を設けた車両でした。

緊急時には、電気機関車側(EF66)から、パンタグラフを降下させるためのスイッチがあり、制御用の電気連結器(赤丸部分)が設けられました。しかし、2005年に「あさかぜ(下関行き)」廃止の際に、スハ25も連結を中止したため、その後は連結器が使われることはありませんでした。
a0091267_21402306.jpg
ちなみに、JR 西日本の EF66全車及び JR 東日本田端区の一部の EF65(瀬戸牽引) の車両にこの装置が取り付けられました。

JR 貨物に使われる EF66は、電気連結器を持たない代わりに、元空気溜管(コックの頭が白く塗装) されたものが増設されています。
a0091267_21420197.jpg
画像はいずれも、wikipedia参照しています。



[PR]

by blackcat_kat | 2017-10-31 21:43 | 電気機関車


<< EF66形機関車について 第8...      EF66形機関車について 第6話 >>